シマノのBtスラプターの特徴とインプレ情報は?

ビックベイト

シマノからラインナップされているBtスラプター。

シマノからはBtシリーズがありますが、そのなかでもBtスラプターはギル型のビックベイトのようです。

いったいBtスラプターはどんな特徴のビックベイトなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではシマノのBtスラプターの特徴とインプレ情報について紹介します。

シマノのBtスラプターの特徴

シマノのBtスラプターは182ミリサイズで重さが58gになっています。

182ミリということで野池のブルーギルのアベレージサイズという感じがしますよね。

野池なんかのフィールドでブルーギルを見かけるようだったらBtスラプターのようなギル型ビックベイトは一度は使ってみたいですよね。

・レンジコントロール

Btスラプターはフローティング仕様ですが、ネイルシンカーをセットすることができるので、自分が探りたいレンジを調整することができるようです。

表層付近を探りたいときはそのまんま使って、ボトム付近を探りたいときは重めのネイルシンカーをセットすることで探ることができるのではないでしょうか?

もしBtスラプターを使う機会があったらバス釣りだけじゃなくてシーバスなんかでもどんな反応があるのか使ってみたいですよね。

シマノのBtスラプターのインプレ情報

シマノからBtスラプターのインプレ動画が公開されています。

奥田さんがイメージしやすいようにBtスラプターについてインプレ解説をしてくれています。

引用:シマノ

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/lure/basslure/bigbait/a155f00000c5cxpqaf.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました