22エクスセンスdcと21アンタレスdcのスペックを比較

ベイトリール

なんか22エクスセンスdcでポンッ!ってシマノからリリースされましたよね。

これからベイトシーバスなんかのソルトの釣りをメインに考えている。

だけど、

バス釣りもするし、21アンタレスdcも気になる。

そんな人もいるのではないでしょうか?

 

ということで、

この記事では22エクスセンスdcと21アンタレスdcのスペックを比較してみました。

22エクスセンスdcと21アンタレスdcの違い

まず22エクスセンスdcと21アンタレスdcの違いというか僕のイメージだと、

22エクスセンスdcはソルト用。

21アンタレスdcはバス釣り用。

そんな感じのイメージです。

また両社に搭載されている技術は以下のとおりです。

まずは21アンタレスdcです!

mglスプール3とかいろんな技術が入っていますよね。

次は22エクスセンスdcです!

二つのベイトリールはほぼ同じシマノの技術が搭載されています。

ですが、22エクスセンスdcだけエキサイティングドラグサウンドが搭載されています。

これは21アンタレスdcには搭載されていません!

まあ、これは個人の好みがわかれるところです。

それを考慮したうえで両社のスペックを比較していきます。

22エクスセンスdc

・リールの重さが230g

・ギア比が7.8でハンドル1回転あたり91センチ

・フロロが16ポンド85メートル

21アンタレスdc

・リールの重さがXGモデルだと225g

・XGでギア比が7.8でハンドル1回転あたり91センチ

・フロロが16ポンド100メートル

これを見ると21アンタレスdcのほうが16ポンド100メートルと22エクスセンスdcよりもラインキャパに余裕があります。

ヘビキャロがメインだったりとかバイブレーションをガンガン遠投して釣りをする人は22エクスセンスdcよりも21アンタレスdcのほうがラインキャパがあるので安心できるかと。

まとめ

僕はバス釣りから釣りを覚えたので、どちらかを選ぶとしたら21アンタレスdcかなーっという感じです。

最終的には自分が心の底からこっちにしたい!というほうを選びたいですよね。

引用:シマノ
https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/baitlurecasting/a075f00003t47feqab.html#Specifications

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました