デスアダーホッグ4インチのインプレと使い方を紹介

ワーム

デプスから発売されているデスアダーホッグ。

そんなデプスのデスアダーホッグで、今回はデスアダーホッグ4インチを水中アクションしてみて感じたことをインプレしていこうと思います!

デスアダーホッグ4インチの特徴

デプスのデスアダーホッグ4インチの特徴は以下のとおりです。

・触覚の微波動

・スリムなワームシルエット

触覚がピロピロと動いてくれる

デプスのデスアダーホッグ4インチって、

触覚がピロピロと動いてくれるんです。

 

一見、デスアダーホッグって、アクション的に地味な感じですけど、触覚がしっかりと動いてアクションしてくれています。

ライトテキサス、フリーリグ。

そういったリグをつかってデスアダーホッグがフリーフォールをしているときも触覚がピロピロとアクションしてくるんです。

デスアダーホッグ4インチの使い方

個人的にはライトテキサスかフリーリグで使い方で釣りたいと思いました。

カバー周りにデスアダーホッグをキャストして、フリーフォール中の触覚のピロピロで誘う。

そんなイメージでつかったらおもしろうそうですよね。

 

ちなみにフックサイズは4/0番がマッチしていました。

まとめ

デスアダーホッグをつかってみると、案外アクションが地味に感じるかもしれないです。

ですが、よーく見てみると、しっかりと各パーツがアクションが動いています。

 

バタバタとするようなワームではプレッシャーが高いなと感じた時は、控えめなアクションのデスアダーホッグをローテーションの1つとして使うと何かしらバスの反応が変わってくるかもしれないですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました