ダイワのブレイゾンC610MHの特徴とインプレ情報は?

ベイトロッド

ダイワならブレイゾン。

シマノならゾディアス。

そんな感じでしょうか?

 

ということで今回はダイワから発売されているブレイゾンC610MHの特徴とインプレ情報をまとめたので紹介していきます。それにしてもゾディアスもそうですけど、1万円代で良いロッドがめちゃくちゃラインナップされている時代になりましたよね!

ダイワのブレイゾンC610MHの特徴

・6フィート10インチ

・カーボンモノコックリアグリップ

・2ピースモデルもラインナップされている

6フィート10インチということで、近場のキャストから遠投までできちゃうのがグッドですよね。

とくにおかっぱりの打ち物の釣りとか足場はマストだし対岸のカバーなんかのマストですから、ブレイゾンC610MHのような近距離から遠投も意識した長さのロッドは意識したいですよね!

山下一也プロによるブレイゾンC610MHのインプレ

山下一也プロがブレイゾンC610MHのインプレをしてくれています。

山下プロによると汎用性が高くて、中〜重量クラスのルアーを使うことがグッドみたいです。おかっぱりのかたにはぜひとのことです!

まとめ

野池のおかっぱりなんかだとやっぱり足元と対岸のカバーはマストになってきますよね。さらには巻物もしたい。つまりは一本でなんでもしたい。

 

そんなときにはおかっぱりに最適なレングスでパワーもMHとグッドなブレイゾンC610MHという選択もアリですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました