【ジャッカルのテナガスティックのインプレ情報】ノーシンカーでの使い方が気になる

ワーム

ジャッカルからリリースされているテナガスティック。

テナガスティックは名前のとおりスティック系のワームでシンプルなフォルムのワームになっています。またテナガスティックはバックスライドとしても使うことができるので霞水系なんかのカバー打ちがメインのフィールドではぜひともチェックしたいワームになっています。

 

そんなジャッカルからリリースされているテナガスティックの特徴とインプレ情報を紹介します。

ジャッカルのテナガスティックの特徴

・通常セッティングでは水平フォールで逆付けではバックスライドにも対応

水平フォールでじっくりと見せてバスにアピールすることもできて、さらにバックスライドでカバーのなかに潜り込んでバスの目の前にワームを送り届けることができちゃう設計のテナガスティック。

霞水系なんかのカバー打ちがメインのフィールドで日中のカバーにバスが身を潜めているときにテナガスティックのバックスライドでテンポ良くサーチしてみたいですよね。ファットイカなんかの高比重ワームなんかとローテーションしてカバー打ちをしたら釣りの幅が広がって楽しそうですよね。

・2サイズのラインナップ

テナガスティックには3.9インチと4.9インチのラインナップがあります。

フィールドのザリガニなんかのベイトのサイズに合わせたチョイスをしたら楽しそうですよね。

ちなみにテナガスティックに最適なフックサイズは3.9インチは#2/0か#3/0で4.9インチは#3/0か#4/0が推奨のようです。

ジャッカルのテナガスティックのインプレ情報

ツイッターにてテナガスティックのインプレ情報があったので紹介します。

引用:ジャッカル

https://www.jackall.co.jp/bass/products/lure/soft-bait/tenaga-stick/

コメント

タイトルとURLをコピーしました