レイドジャパンのグラディエーターアンチのGA-610MHCバルトロの特徴とインプレ情報について

ベイトロッド

レイドジャパンからリリースされているグラディエーターアンチシリーズ。

そのなかでも打ちものにも対応しているMHパワーのロッドがGA-610MHCバルトロです。

カスミ水系だったり野池なんかでランガンをするときは高比重ワームだったりテキサスリグなんかで一級ポイントだけ探ってランガンをするという人もいると思いますが、そういった釣りが好きな人はぜひともチェックしたいロッドがレイドジャパンのGA-610MHCバルトロかと。

 

そんなレイドジャパンからリリースされているGA-610MHCバルトロの特徴とインプレ情報を紹介します。

レイドジャパンのGA-610MHCバルトロの特徴

・6.10フィートでMHパワー。

バーサタイルロッドといえばMパワーが定番ですが、高比重ワームだったりテキサスリグがメインの人はMHパワーという選択もアリですよね。

GA-610MHCバルトロは6.10フィートというレングスでショートキャストから遠投まで対応しているのでおかっぱりで打ちものメインの人はぜひともチェックしておきたいところです。

・ルアー範囲が5/16オンスから1オンス

・ライン範囲が10から20ポンド

20ポンドまで扱えるのがうれしいですよね。

ウッドカバーだったりの複雑なカバー周りでも20ポンドの太いラインに対応してくれているのはうれしいポイントです。

ちなみにGA-610MHCバルトロはグラディエーターアンチシリーズから出ているジョーカーと同じレングスで持ち替えたときの違和感をなくすことにも配慮しているのもグラディエーターシリーズでロッドをそろえたいという人にはうれしいところですよね。

GA-610MHCバルトロのインプレ情報

レイドジャパンからGA-610MHCバルトロのインプレ動画が公開されています。

実際に岡さんがGA-610MHCバルトロをつかってランガンスタイルで実釣インプレをしてくれています。

引用:レイドジャパン

http://raidjapan.com/?product=ga-610mhc-baltoro

コメント

タイトルとURLをコピーしました