【デプスのパルスコッドのインプレ情報】梅雨の琵琶湖で使ってみたい

トップウォーター

デプスからラインナップされているパルスコッド。

パルスコッドはアフターだったりプレッシャーの高いフィールドでデカバスを釣るために設計されているポッパーのようです。

プレッシャーに強いといわれているトップ。そのなかでもポッパーはさらにプレッシャーに強い印象がありますよね。

 

そんなデプスのポッパーであるパルスコッドの特徴とインプレ情報について紹介します。

デプスのパルスコッドの特徴

パルスコッドは80ミリサイズで重さが16gになっています。

ポッパーというとコンパクトサイズなイメージがありますが、パルスコッドは80ミリサイズとでかめのポッパーというのも見逃せないところです。

パルスコッドはスプリングウエイト設計なのでポーズ時でも波動を出してくれるようです。

ポッパーはアクションさせてポーズさせるような釣りが多いので、ステイ中でも波動を出してくれるのはうれしいですよね。

パルスコッドのカップはしっかりと水を掴んで理想のボイルサウンドを出してくれるようです。

やっぱりポッパーはポッパー音がメインですよね。そんなポッパー音も理想の音を出してくれるように設計されているのはうれしいですよね。

個人的には梅雨の時期の琵琶湖でパルスコッドを1日つかってみたいですね。

デプスのパルスコッドのインプレ情報

ツイッターにてパルスコッドのインプレ情報があったので紹介します。

引用:デプス

https://www.depsweb.co.jp/product/pulsecod/

コメント

タイトルとURLをコピーしました