【デプスのヘッドロックジグのインプレ情報】ボトム狙いでの使い方をしてみたい

ラバージグ

デプスからラインナップされているヘッドロックジグ。

ラバージグといえばアーキー型がメインの感じですが、ディープフラットを探るようなときはヘッドロックジグのようなフットボール型が定番になってきますよね。

 

そんなデプスのヘッドロックジグの特徴とインプレ情報について紹介します。

デプスのヘッドロックジグの特徴

ヘッドロックジグの重さは1/4オンスから1オンスまでラインナップされています。

・移動距離を抑えてアピール

デプスの公式ページによるとヘッドロックジグはワイドなヘッドと後方にセッティングされているラインアイなどによって少ない移動距離でアクションをすることができるそうです。

春の時期なんかは移動距離を抑えて一点でネチネチ誘うことによってバイトを誘うようなことがありますが、そういった状況でヘッドロックジグを使ってみたいですよね。

またフットボールジグのようなジグを使うときはボトムを中心に狙うことが多いですが、ヘッドロックジグはロックエリアでの使用も想定して根がかりに対しても回避能力が上がるように設計されているようです。

ロックエリアってラインも傷つきやすいし、根がかりもしやすいのでヘッドロックジグのような回避能力を意識して設計してくれるのはうれしいですよね。

デプスのヘッドロックジグのインプレ情報

ツイッターにてヘッドロックジグのインプレ情報があったので紹介します。

引用:デプス

https://www.depsweb.co.jp/product/headlockjig/

コメント

タイトルとURLをコピーしました