【デプスのマツラバのインプレ情報】スイムジグとしての使い方をしてみたい

ラバージグ

デプスからラインナップされているマツラバ。

マツラバはカバーを攻略できるように設計されているスイムジグのようです。

スイムジグといえば琵琶湖のウィードを広範囲にサーチするような使い方な感じがありますが、マツラバはウッドカバーなんかを探るときにも使えるように設計されているようですね。

 

ということでデプスからラインナップされているマツラバの特徴とインプレ情報について紹介します。

デプスのマツラバの特徴

デプスのマツラバの重さのラインナップは3/16オンスから5/8オンスまであります。

3/16オンスからラインナップされているということでシャローカバーを釣るときでもマツラバを使ってみたいですよね。

マツラバは後方重心にセットされているジグのようです。

これによって障害物回避能力があってカバーを探ることができるようです。さらにこの後方重心によりキャスタビリティー能力も向上しているとのことです。

結局カバー周りを探るときはまずはキャスト精度が大事になってくるので、マツラバのようにキャスタビリティーに優れているジグを選ぶのも大事かと。

個人的にはカスミ水系のおかっぱりでカバー周りをランガンで使ってみたいですね。

トレーラーもバルビューターとかスイングインパクトなどいろんなパターンで自分なりのベストセッティングを見つけたいところですよね。

マツラバのインプレ情報

ツイッターにてマツラバのインプレ情報があったので紹介します。

引用:デプス

https://www.depsweb.co.jp/product/matsuraba/

コメント

タイトルとURLをコピーしました