【メガバスのx-75のインプレ情報】カスミ水系で使ってみたい

ミノー

メガバスからラインナップされているx-75。

x-75はサトシンさんがプロデュースしているスモールミノーになっています。

x-75はジャークベイトでもあってミノーでもあることをイメージして設計されているそうです。

スモールミノーサイズということでカスミ水系なんかの関東で使ってみたいですよね。

 

そんなメガバスのx-75の特徴とインプレ情報について紹介します。

メガバスのx-75の特徴

x-75の75ミリサイズで重さは1/4オンスになっています。

ベイトタックルでもスピニングタックルでも扱える重さがうれしいですよね。

・ジャークベイトであるミノー

どうやらx-75はジャークベイトでありミノーであることを意識して設計されているそうです。

ジャークだけ。ただ巻きだけ。

そんな感じでミノーとかジャークベイトを揃えがちですが、x-75はただ巻きとジャークの両方に対応してくれているのがうれしいですよね。

リザーバーだったり川なんかの釣りであまりルアーを持ち歩けないおかっぱりでは1つ持っておくと便利そうですよね。

・キャスタビリティー

x-75は誰が投げても飛距離を出しやすいように設計されているそうです。

ハードルアーってキャストが楽しくなかったら使い続けるのが難しいから、こういったキャスタビリティーがあるのも重要な要素ですよね。

メガバスのx-75のインプレ情報

メガバスからx-75のインプレ動画が公開されています。

具体的にどんなルアーなのかどうしてこのルアーを作ったのかサトシンさんがインプレしてくれています。

引用:メガバス

https://www.megabass.co.jp/site/products/x-nanahan/

コメント

タイトルとURLをコピーしました