【ティムコのプッチギルのインプレ情報】琵琶湖のギルパターンで使ってみたい

i字系

ティムコからラインナップされているプッチギル。

プッチギルはプロペラがついているギル系ルアーということで、ほかのギル系ルアーとローテーションしやすいルアーではないでしょうか?

そんなプッチギルはどんな特徴があるのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではプッチギルの特徴とインプレ情報について紹介します。

プッチギルの特徴

プッチギルは50ミリサイズで重さが8gになっています。

50ミリサイズということで、かなりコンパクトなルアーですよね。

ブルフラット3インチとかスタッガーワイドなんかのコンパクトなギル系ワームと波動の違いでプッチギルをローテーションの1つにしたらギル系の釣りの幅が広がりそうですよね。

・いろんなアクション

ティムコの公式ページによるとプッチギルはリトリーブ速度によってまっすぐに引くことができたり、ボディーをくねらせて泳がせることができるようです。

プッチギルは使う人によって釣果が変わりそうなルアーな感じがしますよね。

もしプッチギルを使う機会があったら琵琶湖のギルパターンのローテーションの1つとして使ってみたいですね。

プッチギルのインプレ情報

ツイッターにてプッチギルのインプレ情報があったので紹介します。

引用:ティムコ

https://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/3192

コメント

タイトルとURLをコピーしました