【ティムコのシケイダージャンボデッドスローのインプレ情報】アフターの時期に使ってみたい

トップウォーター

ティムコからラインナップされているシケイダージャンボデッドスロー。

各メーカーから羽モノルアーがラインナップされていますが、シケイダージャンボデッドスローはスローリトリーブをメインに設計されているルアーのようです。

なので、羽モノを使うときにスローな展開のときはシケイダージャンボデッドスローを使ってみたいですよね。

 

ということで、

この記事ではティムコのシケイダージャンボデッドスローの特徴とインプレ情報について紹介します。

シケイダージャンボデッドスローの特徴とタックル

シケイダージャンボデッドスローは60ミリサイズで重さが13gになっています。

ティムコの公式ページによるとシケイダージャンボデッドスローはルアーが動くギリギリの速度でアクションさせることが釣果につながるとのことです。

アフターの時期なんかでスローに誘いたいときにシケイダージャンボデッドスローをカルコンのようなローギアリールでチリチリと巻いてみたいですよね。

・0.5ミリのアルミ

シケイダージャンボデッドスローは薄くて軽くて強いウイングを採用しているようです。

これらによってキレのあるアクションができるようになっているようです。

スローに引ける羽モノといえばアベンタシリーズというイメージがありますが、シケイダージャンボデッドスローと比較してどっちがスローに引けるのかチェックしてみたいですよね。

シケイダージャンボデッドスローのタックル

ティムコの公式ページによるシケイダージャンボデッドスローの推奨タックルは以下のとおりです。

・MからMHのベイトロッド

・ラインが12から20ポンド

20ポンドまで対応しているので、テキサスリグなんかで使っているロッドでも扱えるのがいいですよね。

シケイダージャンボデッドスローのインプレ情報

ツイッターにてシケイダージャンボデッドスローのインプレ情報があったので紹介します。

引用:ティムコ

https://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/2785

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました