【ティムコのダイキチクランクのインプレ情報】最適なタックルは?

クランクベイト

ティムコからラインナップされているダイキチクランク。

ダイキチクランクは吉田幸二さんが監修しているクランクベイトになっています。

そんな大吉クランクはどんな特徴があるのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではティムコのダイキチクランクの特徴とインプレ情報について紹介します。

ダイキチクランクの特徴とタックル

ダイキチクランクは57ミリサイズで重さが10gでレンジが1.5メートルということで、扱いやすいシャロークランクのスペックという感じですよね。

ティムコの公式ページによるとダイキチクランクはヌメヌメと泳ぐベーシックなクランクベイトのようです。また、スローリトリーブで巻くことがポイントのようです。

ベーシックなクランクベイトということで、ダイキチクランクを軸にしてその日のフィールドのコンディションをチェックして強弱を考えてクランクをローテーションするような使い方をしたら楽しそうですよね。

ダイキチクランクの推奨タックル

ティムコの公式ページによるダイキチクランクの推奨タックルは以下のとおりです。

・LからMLのロッド

・ナイロンかフロロ12ポンド以上

やわらかいロッドにローギアリールなんかでゆっくり巻いて使ってみたいですよね。

ダイキチクランクのインプレ情報

ツイッターにてダイキチクランクのインプレ情報があったので紹介します。

引用:ティムコ

https://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/1498

コメント

タイトルとURLをコピーしました