【デプスのDC400カスカベルのインプレ情報】DC300キックバッカーと使い分けた使い方をしてみたい

クランクベイト

デプスからリリースされているDC400カスカベル。

DC400カスカベルはディープクランクで太いラインでもアクションしてくれるように設計されているクランベイトのようです。

ディープクランクって細いラインでディープを探ることが多いですが、DC400カスカベルなら太いラインでもアクションしてくれるとのことで真冬の時期なんかのデカバス狙いにこそ使ってみたいディープクランクではないでしょうか?!

 

そんなデプスのDC400カスカベルの特徴とインプレ情報について紹介します。

DC400カスカベルの特徴

・太いラインにも対応

デプスの公式ページによるとDC400カスカベルは太いラインでもスローリトリーブに対応しているようです。真冬だったり春先でスローにディープを探りたいときなんかにDC400カスカベルでスローリトリーブで探ってみたいですよね。

ちなみに25ポンドだったら3.5メートルレンジ。20ポンドだったら3.8メートルレンジ。16ポンドだったら4メートルレンジを探ってくれるそうです。

琵琶湖の北湖東岸のようなロックエリアでラインが傷つきやすいポイントでも太いラインでDC400カスカベルを使うことによってディープレンジを探れるのではないでしょうか?

・リップについて

DC400カスカベルのリップは先端部分がとがっているので、ボトム感知能力がある設計のようです。ディープクランクは遠投して深いレンジを探るのでなんとなくゴリゴリ巻いてしまいますが、ボトム感知能力のあるDC400カスカベルならボトムに当たったら止めて浮かすみたいな使い方もできそうですよね。

個人的には同じくデプスからラインナップされているDC300キックバッカーとローテーションさせてディープクランクの釣りをしてみたいですね。

DC400カスカベルのインプレ情報

DC400カスカベルのインプレ情報がツイッターにあったので紹介します。

引用:デプス

https://www.depsweb.co.jp/product/dc400cascabel/

コメント

タイトルとURLをコピーしました