【デプスのDC300キックバッカーのインプレ情報】琵琶湖でつかってみたい

クランクベイト

デプスからラインナップされているDC300キックバッカー。

DC300キックバッカーはディープクランクでただ巻きでヒラ打ちアクションをしてくれる設計のルアーのようです。

 

そんなデプスのDC300キックバッカーの特徴とインプレ情報について紹介します。

DC300キックバッカーの特徴

DC300キックバッカーは79.5ミリサイズで重さが24gになっています。

・ただ巻きアクションについて

DC300キックバッカーはただ巻きをするだけで抜けるようなアクションをしてくれる設計のようです。

クランクベイトって障害物に当てたときの平打ちなんかがバスに対してアピールするきっかけになりますが、DC300キックバッカーはリトリーブだけでそういった誘いができるようですね。

中層のディープクランクの釣りで代打的にDC300キックバッカーを投げてみたりしたらバスが反応することも考えられますよね。

ちなみにDC300キックバッカーは16ポンド3.2mダイブで12ポンド使用で3.5mダイブの設計になっています。

琵琶湖でDC400カスカベルと使い分けてディープクランクの釣りを楽しみたいですよね。

DC300キックバッカーのインプレ情報

デプスからDC300キックバッカーのインプレ動画が公開されています。

奥村さんが実際にDC300キックバッカーを使用して実釣インプレをしてくれています。

引用:デプス

https://www.depsweb.co.jp/product/dc300kickbacker/

コメント

タイトルとURLをコピーしました