【デプスのチビアダー4インチのインプレ情報】ミドストの使い方をしてみたい

ワーム

デプスからラインナップされているデスアダーシリーズ。

ノーシンカーからテキサスリグなんかの打ちものからチャターベイトのトレーラーまでと幅広い使い方があるデスアダーシリーズは1つ持っておくと便利ですよね。

そんなデスアダーシリーズのなかでもコンパクトサイズがチビアダー4インチです。

いったいチビアダーはどんな特徴があるワームなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではデプスのチビアダー4インチの特徴とインプレ情報を紹介します。

デプスのチビアダーの特徴

デプスのチビアダー4インチは105ミリサイズで8本入りで推奨フックが#1から#1/0になっています。

スピニングタックル1本でおかっぱりをするときにチビアダーのノーシンカーのフォールで誘ってみたり、ジグヘッドと組み合わせてミドストで誘うような使い方なんかをしてみたいですよね。

またチビアダーは横セッティングと縦セッティングによってフォールスピードが変わったり、アクションが変わったりするようです。

1つのワームでフックセットの仕方によってアクションが変わる。

おかっぱりなんかのあまりタックルを持ち歩けない状況ではいろんな使い方ができるチビアダーは1つ持っておくといろんな状況に対応できそうですよね。

デプスのチビアダーのインプレ情報

ツイッターにてデプスのチビアダーのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:デプス

https://www.depsweb.co.jp/product/deathadder/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました