【デプスのヒュージカスタムH3N-62Fのインプレ情報】ビックベイトで使ってみたい

ベイトロッド

海外の釣りといえばシマノのワールドシャウラシリーズのイメージが強いですが、バス釣りがメインの人ならデプスのヒュージカスタムも気になるという人もいるのではないでしょうか?

そんなデプスのヒュージカスタムシリーズのなかでも6.2フィートというショートレングスモデルがヒュージカスタムH3N-62Fになっています。

ビックベイトだったりビックペンシルを扱うのにヒュージカスタムH3N-62Fを検討するのはどうでしょうか?

 

ということで、

この記事ではデプスのヒュージカスタムH3N-62Fのスペックとインプレ情報について紹介します。

デプスのヒュージカスタムH3N-62Fのスペック

デプスの公式ページによるとヒュージカスタムH3N-62Fは海外遠征のときに足場が悪かったり、小さなボートからパプアンバスなんかの魚とファイトするために設計されているようです。

海外遠征で狙う魚はキャスト精度だったりルアーのアクションを重要視している。

そんな人はショートレングスなヒュージカスタムH3N-62Fを検討してみたいですよね。

もしヒュージカスタムH3N-62Fを使う機会があったらジョイクロなんかのビックベイトなんかを使ってみたいですね。あとはフロッグなんかとの相性も気になるところです。

・6.2フィート

・ロッドの重さが約215g

デプスのヒュージカスタムH3N-62Fのインプレ情報

ツイッターにてヒュージカスタムH3N-62Fのインプレ情報などがあったので紹介します。

ヒュージペンシルなんかも使ってみたいですよね。

引用:デプス

https://www.depsweb.co.jp/product/hugecustom/#H1N-60R

コメント

タイトルとURLをコピーしました