ダイワのスティーズC66M-SVウェアウルフパワープラスのインプレ情報は?

ベイトロッド

ダイワのハイエンドロッドであるスティーズシリーズ。

そんなスティーズシリーズのなかでウェアウルフを使ってきたという人もいるのではないでしょうか?

そんなウェアウルフが2022年にウェアウルフパワープラスとしてリリースされています。

従来のウェアウルフによりパワーを求めている人はチェックしたいロッドではないでしょうか?

 

ということで、

この記事ではダイワのスティーズC66M-SVウェアウルフパワープラスのスペックとインプレ情報について紹介します。

ダイワのスティーズC66M-SVウェアウルフパワープラスのスペック

ダイワの公式ページによるとウェアウルフパワープラスは繊細な操作から大胆な攻めまで可能な設計のロッドのようです。

ウェアウルフというとベイトフィネスロッドというイメージがありますが、ウェアウルフパワープラスはジャークベイトだったりスピナーベイトまで対応しているようです。

おかっぱリ1本で釣り歩くときにもスピナベだったりジャークベイトに対応してくれているのはサクッとフィールドをサーチしたいときなんかに役立ちそうですよね。

もしC66M-SVを使う機会があったら小口径リールと組み合わせてカスミ水系でおかっぱりで使ってみたいですね。

・6.6フィート

・ロッドの重さが99g

・ルアー範囲が5から21g

・ライン範囲が8から16ポンド

ダイワのスティーズC66M-SVウェアウルフパワープラスのインプレ情報

ダイワからウェアウルフパワープラスのインプレ動画が公開されています。

並木さんがわかりやすくスティーズC66M-SVについてインプレ解説してくれています。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/steez_bait21/sub13/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました