【ノリーズのロードランナーLTT660Hのインプレ情報】ラバージグの釣りで使ってみたい

ベイトロッド

ノリーズからラインナップされているロードランナーシリーズのなかでもラバージグだったり重めのスピナーベイトの釣りをしたい人が検討したいスペックがロードランナーLTT660Hではないでしょうか?

6.6フィートでHパワーということで、近距離から遠投まで対応できそうなちょうどいいレングスがおかっぱりからボートの釣りまで活躍しそうですよね。

そんなロードランナーLTT660Hはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではノリーズのロードランナーLTT660Hのスペックとインプレ情報について紹介します。

ノリーズのロードランナーLTT660Hのスペック

ノリーズの公式ページによるとロードランナーLTT660Hはスピナーベイトのスローロールだったりラバージグのフッキングも決めることができるように設計されているようです。

さらにビックスプーンであるダイラッカも扱えるようなので、パワーフィッシングがメインの人はぜひとも検討したいロッドではないでしょうか?

牛久沼なんかでひたすらラバージグを撃ったり、ひたすらスピナーベイトを巻くような釣りをするときにも検討したいですよね。

もしロードランナーLTT660Hを使う機会があったらフルサイズのラバージグにエスケープツインをトレーラーにしてひたすらジグ打ちをするような釣りで使ってみたいですね。

・6.6フィートでHパワー

・ライン範囲が14から20ポンド

・ルアー範囲が5/16オンスから1・1/4オンス

・ロッドの重さが178g

ノリーズのロードランナーLTT660Hのインプレ情報

ツイッターにてノリーズのロードランナーLTT660Hのインプレ情報などがあったので紹介します。

このロッドでクリスタルsなんかを使ったら楽しそうですよね。

引用:ノリーズ

http://www.nories.com/bass/rods/voice_ltt/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました