ヘビキャロで使ってみたいコエビシャッドのインプレ情報

ワーム

バレーヒルからラインナップされているエビシャッド。

ヘビキャロの釣りをするときにはエビシャッドをがっつり使っている人も多いのではないでしょうか?

そんなエビシャッドシリーズのなかでもコンパクトなサイズであるコエビシャッドがラインナップされています。

いったい、コエビシャッドはどういった特徴のワームなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではバレーヒルのコエビシャッドの特徴とインプレ情報などを紹介します。

コエビシャッドの特徴

バレーヒルの公式ページによるとコエビシャッドは細かくて優しくをさらに凝縮されているようです。

そんなコエビシャッドは、すっと動いてそっと消えるような存在感が出せるようです。

土日で釣り人が多いような状況でコエビシャッドのようなワームでどんな反応があるのかチェックしてみたいですよね。

ちなみにコエビシャッドは2インチで1パックで10個入っています。

琵琶湖のおかっぱりでヘビキャロゲームのローテーションの1つにコエビシャッドをいれたら、もっとヘビキャロの幅が広がりそうですよね。

コエビシャッドのインプレ情報

ツイッターにてコエビシャッドのインプレ情報などがあったので紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました