ワイルドサイドパワーミドストWSS67L+の特徴とインプレ情報は?

スピニングロッド

僕が思うレジットデザインは、

ガチガチに釣りをしている人がロッドを作ってくれているところ。

 

鬼形さんをはじめとした、レジットデザインに関わっている人って、なんかコアなプロアングラーが多いなといった感じなんです。

 

そんなレジットデザインから発売されているワイルドサイドのパワーミドストWSS67L+。

パワーミドストっていうワードをはじめて知りましたw

そんなニッチなロッドなワイルドサイドのWSS67L+の特徴とインプレ情報をまとめたので紹介していきます!

ワイルドサイドパワーミドストWSS67L+の特徴

引用:レジットデザイン

・5インチ以上のワームをミドストすることに対応

・PEラインにも対応できてミディアムスローテーパー

特徴から考えるにデスアダー6インチなんかを極小のジグヘッドで合わせてミドストみたいなこともできちゃうという感じなんでしょうか。

琵琶湖の北湖で真冬から春にかけてのデスアダーのミドストゲームなんかに合わせたらめちゃくちゃ楽しそうだなーと思ってしまいます!

鬼形プロと平村プロによるパワーミドストWSS67L+の実釣インプレ

鬼形プロと平村プロがワイルドサイドWSS67L+を使用して琵琶湖で実釣インプレをしてくれています。それにしてもサムネ画像がインパクトがありますよね!

まとめ

琵琶湖なんかのビックレイクで通常のワームよりもワンサイズ大きいものを使うユーザーにとって、ワイルドサイドのWSS67+はグッドなのではないでしょうか?

そして、ワイルドサイドWSS67L+のようにもっとニッチなジャンルのロッドをワイルドサイドさんにはリリースしてほしいですよね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました