ダイワのミリオネアCTSVの特徴とインプレ情報は?

ベイトリール

丸型のベイトリールといえば、

カルコンといったイメージで人によってはリョウガといった感じでしょうか?

ですが、そのほかにも丸型リールはいろいろとあって、そのなかの1つがミリオネアシリーズです。

 

そのダイワのミリオネアシリーズからSVスプールが搭載されて小型ルアーの釣りにも対応できるようになったらしいモデルがミリオネアCTSVです!

 

そんなダイワから発売されているミリオネアCTSVの特徴とインプレ情報をまとめましたので紹介していきます!

ダイワのミリオネアCTSVの特徴

・30ミリスプール径で小型ルアーにも対応できる
・12ポンド70メートルという小口径スプールなのに糸巻き量に余裕がある
・210gというガッシリとした作り
・見た目がかっこいい
ミリオネアCTSVは30ミリスプール径という小口径スプールを搭載しているということで小型ルアーなんかも対応しているのがうれしいですよね。
タイニーブリッツ、ビーナッツなどの小型のクランクベイトだったり、イヴォークシャッドなんかのシャッドを扱ってどれくらい快適にミリオネアCTSVはキャストができるのかが気になるところです。
もし僕がミリオネアCTSVを使う機会があるんだったら、
真冬の霞水系でひたすらシャッドを巻く釣りにミリオネアCTSVを組み合わせて何も考えずに無心で巻きたいですね。
ミリオネアCTSVって、210gという自重があるということでカッチリした作りをしているイメージがありますよね。
リールを大事にしたい。リールを長く愛用するのが好き。
そんな人にはカッチリした作りをしているミリオネアCTSVをチョイスするのは堅実な選択ですよね。

ダイワのミリオネアCTSVのインプレ情報

ダイワの公式サイトでミリオネアCTSVのインプレをしてくれています。

それにしてもダイワのミリオネアCTSVのインプレ動画、

かっこいいですよね!

まとめ

いままで小型ルアーなんかを扱うベイトリールといえばアルデバランなんかの32ミリ径の小口径スプールが主流でしたよね。

これからは32ミリよりもミリオネアCTSVのような30ミリの超小口径スプーのベイトリールを選択することによって、釣りの幅が広がったり、釣りのテンポがよくなりそうですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました