Dスタイルのスーパーバイブシンキングバグのインプレ情報!虫パターンの使い方をためしたい

ワーム

Dスタイルからリリースされているスーパーバイブシンキングバグ。

スーパーバイブシンキングバグは青木大介プロがトーナメントでつかったシェイクシャッドの虫チューンを製品化したワームになっています。

トッププロが試合でチューンしたワームを使えるって素晴らしいですよね。

 

そんなスーパーバイブシンキングバグの特徴とインプレ情報について紹介します。

Dスタイルのスーパーバイブシンキングバグの特徴

スーパーバイブシンキングバグは1.8インチで重さが約2.3gになっています。

・スリットを配置

スーパーバイブシンキングバグはスリットが配置されている設計になっています。こういったことを考慮してくれているところが実践力を感じられますよね。

・フック方法により変わるアクション

Dスタイルの公式ページによるとスーパーバイブシンキングバグは頭側にセットすると水平フォールをして反対側にセットするとバックスライドをしてくれるようです。

よりカバーの奥に入れたいときはバックスライド。

じっくりバスに見せたいときは水平フォール。

スーパーバイブシンキングバグをつかってそんな使い方ができたら楽しそうですよね。

さらにスーパーバイブシンキングバグはコアショット製法を採用しているので飛距離も意識して設計されているのがうれしいですよね。おかっぱりではスーパーバイブシンキングバグのような飛距離を意識して設計されているワームのほうがアングラーとして使いたくなっちゃいますよね。

スーパーバイブシンキングバグのインプレ情報

ディスタイルからスーパーバイブシンキングバグのインプレ動画が公開されています。

実際に青木大介プロがスーパーバイブシンキングバグをつかってインプレしてくれています。

引用:Dスタイル

https://dstyle-lure.co.jp/products/svsb/

コメント

タイトルとURLをコピーしました