DスタイルのブルートレックDBTC-70H-Sのインプレ情報!

ベイトロッド

DスタイルからリリースされているブルートレックDBTC-70H-S。

このロッドはヘビーアクションのソリッドティップが採用されているモデルになっています。

ソリッドティップといえばスピニングタックルというイメージがありますが、いまではDBTC-70H-Sのようにベイトロッドにも採用されていることが多くなっていますよね。

 

ということでDスタイルからリリースされているブルートレックDBTC-70H-Sの特徴とインプレ情報について紹介します。

ブルートレックDBTC-70H-Sの特徴

・7フィートでHパワーのソリッドティップ

昔のバス釣りってラバージグとスピナーベイトだけがあれば釣りが成り立つみたいなことをよく聞きます。

ですが、今って当たり前のようにベイトフィネスが普及してカバーにネコリグとかスモラバがキャストされてバスも簡単にバイトしないような状況のときがありますよね。

そういったバス釣りの背景があるなかでDBTC-70H-Sのような繊細な操作ができるソリッドティップが搭載されてカバー打ちができるってかなり魅力的ですよね。

ベイトフィネスでは打てないようなカバーをDBTC-70H-Sで打つ。それだけではほかのカバー打ちロッドと同じなので、Hパワーのソリッドティップを活かして繊細にアクションさせる。

実際にDBTC-70H-Sを使う機会があったらそんなことをしてみたいですよね。

・ルアー範囲が3/16オンスから1オンス

・ライン範囲が10から20ポンド

1オンスまで扱えて20ポンドまで対応しているのでカバー打ちでもフルサイズのラバージグを使ってみたいですよね。

ブルートレックDBTC-70H-Sのインプレ情報

DスタイルからDBTC-70H-Sのインプレ動画が公開されています。

Hパワーのソリッドティップが搭載されているこのロッドがどういったものなのかわかりやすくインプレしてくれています。

SS:Dスタイル

 

https://dstyle-lure.co.jp/products/blue-trek/SS

コメント

タイトルとURLをコピーしました