DスタイルのブルートレックDBTS-61Lのインプレ情報!おかっぱりで使ってみたい

スピニングロッド

Dスタイルのブルートレックシリーズ。

青木さんといえばフィネスの釣りのイメージが強いですよね。

そんなフィネスな釣りで使いたいモデルであるブルートレックDBTS-61L。

Dスタイルの公式ページによるとDBTS-61Lはスーパーオールラウンドモデルとのことです。

 

そんなDスタイルのDBTS-61Lの特徴とインプレ情報について紹介します。

ブルートレックDBTS-61Lの特徴

・6.1フィートでLパワー

ベイトロッドのバーサタイルロッドの定番といえばMパワー。

そして、スピニングロッドのバーサタイルロッドの定番はLパワーです。

ブルートレックはLパワーで操作がしやすそうなショートレングスの6.1フィートというレングスなのでおかっぱりからボートの釣りで1本持っておくと便利な感じしますよね。

Dスタイルの公式ページによると攻撃的フィネスを体感できるロッドに仕上がっているそうです。

カスミ水系なんかでもおかっぱりでスモラバとかネコリグなんかでDBTS-61Lでつかってランガンな釣りをしたらめちゃくちゃ楽しそうですよね。

・ルアー範囲が1/32オンスから1/4オンス

0.9gから扱えるのがうれしいですよね。

真冬の時期なんかで1/32オンスのスモラバなんかを使うときにもどんな使用感か実際にためしてみて確かめてみたいですよね。

・ライン範囲が2.5ポンドから8ポンド

・ロッドの自重が82g

ブルートレックDBTS-61Lのインプレ情報

DスタイルからブルートレックDBTS-61Lのインプレ動画が公開されています。

オールラウンドモデルあるDBTS-61Lがどういった特徴なのか実際に青木さんがインプレしてくれています。

引用:Dスタイル

https://dstyle-lure.co.jp/products/blue-trek/

コメント

タイトルとURLをコピーしました