【デプスのプロップジグのインプレ情報】ただ巻きの使い方をしてみたい

ラバージグ

デプスからラインナップされているプロップジグ。

デプスの公式ページによるとプロップジグはあスイムジグだったりビックベイトに反応しないサスペンドしているバスをバイトに持ち込むことができるように設計されているようです。

巻物といえばスピナべとかスイムジグですが、そういった巻物の代打的な感じでプロップジグをつかったらおもしろそうですよね。

 

そんなプロップジグの特徴とインプレ情報について紹介します。

デプスのプロップジグの特徴

プロップジグの重さのラインナップは下記のようになっています。

・5/8オンス

・3/4オンス

・1オンス

どの重さも重量があるので遠投を意識して広範囲を探るような釣りをしてみたいですよね。

プロップジグはカーブフォールだったりフリーフォールでもプロペラが回転してくれるように設計されているようです。

フォール中もバイトを誘ってくれるということでカバー周りを縦に探るような釣りでもガンガンつかってみたいですよね。

またプロップジグはビッグワームの装着も想定してロングシャンクで太い軸のフックを採用しているようです。

個人的にはデスアダー6インチと組みあわせてチャターとかスピナべのローテーションの1つとして琵琶湖の秋の時期につかってみたいですね。

デプスのプロップジグのインプレ情報

ツイッターにてデプスのプロップジグのインプレ情報があったので紹介します。

引用:デプス

https://www.depsweb.co.jp/product/propjig/

コメント

タイトルとURLをコピーしました