【シマノのワールドシャウラ1832r-2のインプレ情報】ベイトシーバスとかでも楽しそう

ベイトロッド

シマノからラインナップされているワールドシャウラシリーズのなかでもロングレングスなモデルがワールドシャウラ1832r-2になっています。

ワールドシャウラといえばショートレングスという感じがありますが、おかっぱりで釣りをする人はもっとロングレングスが欲しいという人もいたのではないでしょうか?

ワールドシャウラ1832r-2は8フィート越えなのでベイトシーバスなんかの飛距離が欲しい釣りでも使ってみたいロッドではないかと。

 

そんなシマノのワールドシャウラ1832r-2のスペックとインプレ情報をまとめたので紹介します。

ワールドシャウラ1832r-2のスペック

シマノの公式ページによるとワールドシャウラ1832r-2はベイトタックルでの大遠投が誰でも手軽にできるロッドとのことです。

自分は遠投ができているのだろうか?

アンタレスの性能を発揮できているのだろうか?

そんな疑問を持ちながら釣りをしている人は一度ワールドシャウラ1832r-2を検討したいところではないでしょうか?

個人的にはアンタレスdcmdと組み合わせてベイトシーバスで遠投をするような釣りをしてみたいですね。

・8.3フィート

・ロッドの重さが152g

・ルアーの重さが7gから30g

30gまで扱えるということで重めのバイブレーションなんかを遠投して使ったら楽しそうですよね。

・PEはマックス2号までナイロンラインは12から22ポンド

ワールドシャウラ1832r-2のインプレ情報

ツイッターにてワールドシャウラ1832r-2のインプレ情報があったので紹介します。

引用:シマノ

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/comparison.html?pcat1=cg1SHIFJpRod&l1pcat2=cg2SHIFJpRodFreestyle&l1pcat3=&l1cdn=a075F0000316QzcQAE_p&l1lsc=5COTJ0832

コメント

タイトルとURLをコピーしました