スティーズのC68M+ -SV・AGSブラックジャックのスペックとインプレ情報は?

ベイトロッド

ダイワのハイエンドロッドであるスティーズシリーズのなかでダウンショットリグの釣りをしたい人が検討したいロッドがC68M+ -SV・AGSブラックジャックです。

いったいC68M+ -SV・AGSブラックジャックはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではダイワのスティーズのC68M+ -SV・AGSブラックジャックのスペックとインプレ情報について紹介します。

スティーズのC68M+ -SV・AGSブラックジャックのスペック

ダイワの公式ページによるとC68M+ -SV・AGSブラックジャックはダウンショットリグから3.5gライトテキサスだったり高比重バックスライドワームなんかの釣りに対応しているようです。

カスミ水系がメインの人で高比重ワームだったりライトテキサスをするような人もC68M+ -SV・AGSブラックジャックをチェックしておきたいですよね。

・6.8フィート

・ロッドの重さが98g

・ルアー範囲が6から25g

・ライン範囲が8から16ポンド

もしC68M+ -SV・AGSブラックジャックを使う機会があったらダウンショットリグでのボトム感度なんかをチェックしてみたいですね。

スティーズのC68M+ -SV・AGSブラックジャックのインプレ情報

ダイワからC68M+ -SV・AGSブラックジャックのインプレ動画が公開されています。

橋本プロがわかりやすくこのロッドについてインプレしてくれています。

スティーズCTなんかの小口径リールと組み合わせてみたいですよね。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/steez_bait21/sub07/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました