【ティムコのファットペッパーのインプレ情報】ローギアリールでゴリゴリ巻いた使い方をしてみたい

クランクベイト

ティムコからラインナップされているファットペッパー。

ディープクランクなんかの釣りでファットペッパーは欠かせないという人もいるのではないでしょうか?

発売されてから10年以上たっているファットペッパーはクランクの釣りの定番ですが、このルアーはどんな特徴があるのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではティムコのファットペッパーの特徴とインプレ情報について紹介します。

ファットペッパーの特徴

ファットペッパーは70ミリサイズで重さが17.5gで3メートルダイバー設計のクランクになっています。

琵琶湖なんかのビックレイクでカルコンのようなローギアリールと組み合わせてひたすらゴリゴリ巻くような釣りをしてみたいですよね。

ティムコの公式ページによるとファットペッパーはクランクの釣りにおいての基本動作をいかにストレス無く続けることができるかにこだわって作らているようです。

クランクなんかのハードルアーって巻き続けないと釣果に結びにくいので、ファットペッパーのようなストレス無く扱えるように設計されているルアーを選びたいところですよね。

・キャスタビリティー性能

ファットペッパーは空中での飛行姿勢とか空気抵抗を意識して設計されているためキャスタビリティーも意識して作らています。

ディープクランクなんかはまずは飛距離を出したいところなので、ファットペッパーのような飛距離を出しやすいクランクはありがたいですよね。

ファットペッパーのインプレ情報

ツイッターにてファットペッパーのインプレ情報があったので紹介します。

引用:ティムコ

https://www.tiemco.co.jp/products/groups/view/693

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました