【ダイワのハートランド6102MLFSのインプレ情報】琵琶湖で使ってみたい

スピニングロッド

ダイワからラインナップされているハートランド6102MLFS。

ダイワによるとハートランド6102MLFSは柔と剛という相反する要素が両立するように設計されているロッドのようです。

いったいハートランド6102MLFSはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではダイワのハートランド6102MLFSのスペックとインプレ情報について紹介します。

ダイワのハートランド6102MLFSのスペック

ダイワの公式ページによるとハートランド6102MLFSは初代冴掛とは異なるテイストに仕上がっているようです。

スペック的に冴掛とかぶっていて購入しようか悩んでいるという人でも一度はどんな感じのテイストに仕上がっているかチェックしてみたいですよね。

もしハートランド6102MLFSを使う機会があったらPEラインを組み込んで琵琶湖の浜でライトキャロとかネコリグをじっくりとネチネチと使ってどんな感度とかどんな感じのキャストフィールなのかチェックしてみたいですよね。

・ロッドの重さが120g

・ルアー範囲が1.8から7g

・ライン範囲が4から6ポンドでPEラインは0.5から1.0号

ダイワのハートランド6102MLFSのインプレ情報

ツイッターにてハートランド6102MLFSのインプレ情報があったので紹介します。

引用:ダイワ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/heartland_ags/index.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました