イマカツのワドルバッツの特徴とインプレ情報は?

クランクベイト

イマカツからラインナップされている千鳥ルアーといえばモグラチャターという感じですが、

ワドルバッツというクランクもラインナップされています。

チャターは止めたら沈みますけど、クランクはとめたら浮くのでそういったことを意識して千鳥系ルアーをローテーションしたら釣りの幅が広がりそうですよね。

なので千鳥系ルアーはチャターベイトしか使っていない人こそ、ワドルバッツのような千鳥系クランクベイトを用意してみるのもアリではないでしょうか?!

そんなワドルバッツはどんな特徴があるのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではイマカツのワドルバッツの特徴とインプレ情報について紹介します。

イマカツのワドルバッツの特徴

イマカツのワドルバッツは56ミリサイズで重さが10.5gになっています。

イマカツの公式ページによるとワドルバッツはただ巻きするだけで突発的に千鳥アクションをしてくれるようです。

クランクベイトを1日中巻くような時期に代打的な役割としてワドルバッツを導入するのもおもしろそうですよね。

そして、イマカツ公式ページによると一番楽しい使い方は水面直下で誘うことみたいなので、トップウォーターを使っていて、もう少しレンジを下げたいときだったり、ちょっと風吹いてトップじゃ反応しずらいようなときにワドルバッツを投げてみるのもためしてみたいですよね。

もしワドルバッツを使う機会があったらひたすらローギアリールでただ巻きをしてみたいですね。

イマカツのワドルバッツのインプレ情報

イマカツからワドルバッツのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:イマカツ

https://www2.imakatsu.co.jp/products/lure/pro_a096.html

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました