【OSPのタイフーンロングキャストのインプレ情報】MHタックルぐらいで使ってみたい

スピナーベイト

バス釣りでサクッとサーチをしたいときにスピナーベイトを愛用している人も多いのではないでしょうか?

ですが、さらにスピーディーにサーチしたいときのためにパワーのあるスピナーベイトが欲しい。

そんなときはデカいブレードが装着されているタイフーンロングキャストをチェックしてみるのもアリではないでしょうか?

デカバス狙いだったり広範囲にサクッとサーチしたいときに用意したいOSPのタイフーンロングキャストはどんな特徴があるのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではOSPのタイフーンロングキャストの特徴とインプレ情報について紹介します。

OSPのタイフーンロングキャストの特徴

OSPのタイフーンは1オンスのようです。

スピナーベイトといえば1/2オンス前後というイメージですが、タイフーンは1オンスもあるということでMHパワーぐらいのタックルにカルコンなんかのトルクのあるリールでゴリゴリ巻けるようなタックルを用意したいところではないでしょうか?

・ロングキャスト

OSPの公式ページによるとタイフーンロングキャストはキャスタビリティー性能を意識して設計されているようです。

スピナーベイトなんかの巻物はキャスタビリティーが良くないと投げ続けるのって難しいですよね。

ですがタイフーンロングキャストならそういったキャスタビリティーも意識されているので長時間のキャストの釣りにもマッチしてそうですよね。

もしタイフーンロングキャストを使う機会があったら琵琶湖なんかのビックレイクなんかでひたすら広範囲に何も考えずにゴリゴリとただ巻きをするような使い方をしてみたいですね。

OSPのタイフーンロングキャストのインプレ情報

ツイッターにてタイフーンロングキャストのインプレ情報などがあったので紹介します。

タイフーンシリーズはデカいすぎるという人はハイピッチャーマックスという選択もアリではないでしょうか?

引用:OSP

https://www.o-s-p.net/products/typhoon-long-cast/

コメント

タイトルとURLをコピーしました