【ジャッカルのソウルシャッド68SPのインプレ情報】ベイトフィネスタックルで使ってみたい

シャッド

ジャッカルからラインナップされているソウルシャッドシリーズ。

シャッドの釣りではソウルシャッドシリーズに絶対的な信頼を持っている人も多いのではないでしょうか?

そんなシャッドプラグの定番であるソウルシャッドシリーズのなかでもベイトフィネスタックルでも扱えるサイズなのがソウルシャッド68SPです。

ショートキャストでテンポよく釣りをするときなんかはベイトフィネスタックルでシャッドを使いたくなりますが、そういったときにソウルシャッド68SPなんかはよさそうですよね。

そんなソウルシャッド68SPはどんな特徴があるのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではジャッカルのソウルシャッド68SPの特徴とインプレ情報などを紹介します。

ジャッカルのソウルシャッド68SPの特徴

ソウルシャッド68SPは68ミリサイズで重さが9gになっています。

・スローリトリーブから高速リトリーブ対応

ソウルシャッドシリーズはスローから高速までのリトリーブに対応してくれているようです。

秋の時期なんかはハイギアのリールでバイブレーションなんかをゴリゴリ巻いて広範囲にサーチしたりしますが、そのローテーションの1つとしてソウルシャッド68SPを使ってみるのも楽しそうですよね。

・ベイトタックル対応

ソウルシャッド68SPはベイトタックルにも対応できるように設計されているようです。

近距離でカバー周りなんかをテンポよく探るときなんかのときはスピニングよりもベイトのほうが扱いやすいですよね。

もしソウルシャッド68SPを使う機会があったらベイトフィネスタックルで秋の時期にひたすらただ巻きで使うような使い方をしてみたいですね。

ジャッカルのソウルシャッド68SPのインプレ情報

ツイッターにてソウルシャッド68SPのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:ジャッカル

https://www.jackall.co.jp/bass/products/lure/minnow-shad/soulshad/

コメント

タイトルとURLをコピーしました